ポワントレッスンについて

ポワントとは、つま先の部分が固いシューズ(トウシューズ)のことです。

image

ポワントを履く時期は、先生によって変わってきますが、最初からは履きません。
つま先で立って踊るということは、結構大変なことです。

子どもの場合は、足の骨が完成する12歳ぐらいから履き始めるのが理想です。(ただ、実際はもっと早い時期に履き始めるケースが多いです)

大人の場合は、骨は完成しているので、足の筋肉がしっかりついてきたら履き始めるのが安心かと思います。

私のレッスンでは、ポワントの選び方やリボンとゴムの付け方など、丁寧にお伝えします。
そして、ポワントを履きこなすためのエクササイズやコツなどを身につけていただきます。

ポワントを履いてみたい方や、ポワントで立つのが苦手な方のご相談も受付けてます。